河西昌枝の「お母さんの金メダル 家庭は気心、バレーも気心」

河西昌枝さんの「お母さんの金メダル 家庭は気心、バレーも気心」を読みました。大松監督+東洋の魔女関係の読書としてはこれで一応打ち止めとしようかと思います。
河西さんは東洋の魔女の主将で最年長、東京オリンピックの時31歳です。その2年前に世界選手権で優勝した時には29歳でした。大松監督自身を含め、その時にはソ連を倒して世界一になるという目標を果たしたので、全員引退するつもりでした。ところがそれを発表すると、近づく東京オリンピックで団体競技の唯一の金メダルが取れる競技として世の中から大きな期待が集まっており、手紙などが殺到します。その時に「一番辞める権利がある」と思っていたのが河西選手でした。しかし結局河西選手が東京オリンピック出場を決意したことにより全員が同意し、大松監督も同じでした。
それで首尾良く金メダルを取ってから、河西さんが結婚にゴールインするまでの話が面白いです。大松監督は河西さんの父親(東京オリンピックの3ヵ月前にツツガムシ病で死亡)に、「河西選手の結婚は私が責任持って面倒見ます。」と約束していました。それで金メダル後は奔走し、4つのお見合いをアレンジしたそうです。ところが河西さんは結構要求が厳しく「私より背の低い人は嫌」(河西さんは174cmで当時としてはかなり高いです。ちなみに亡母も167cmで河西さんほどではないですけど当時としては背が高く、結婚するとき自分より背の低い男性は嫌だったと言っていました。亡父は173cmでした。)「気が弱そうな人は嫌」ということで、大松監督もほとんど匙を投げかけてしまいました。そんな時大松監督の講演をたまたま聴いていた、作家の山岡荘八さんが「佐藤栄作首相の奥さんが、縁談をまとめるのが趣味だから相談してみたら」というアドバイスをし、それで結局佐藤栄作総理夫妻が紹介した自衛官の33歳の男性(ちなみに身長は172cm)と、総理夫妻の媒酌で結婚することになります。当時、「スター千一夜」でTV中継されたそうです。
それから河西改め中村昌枝さんは、男の子2人、女の子1人の子宝に恵まれ、姑さんとの仲もうまくいき、幸せな結婚生活を送ります。そして女優の淡島千景さんの支援で、「フジ・クラブ」という元魔女中心のバレーチームを作り、何と国体で優勝します。そして一般選抜という枠でNHK杯に出て、決勝まで勝ち進み、決勝でなんとニチボーチームと対戦します。結果はニチボーチームの勝ちでしたが、何ともすごい方々です。
河西さんのエピソードで忘れられないのは、チーム最年少の磯辺サタ選手が何かの病気で一週間入院していた時に、お見舞いに行ったのはいいのですが、その時にかけた言葉が「ゆっくり休めていいわね。」でした。磯辺選手は、「見舞いに来たのかイジメに来たのか」と思ったそうです。でも、要するに6人は一人でも欠けてはいけない、早く復帰して欲しい、という気持ちがそういうことを言わせたのだと思います。ただ、強烈な人であることは確かです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.