NHK杯戦囲碁 本木克弥8段 対 芝野虎丸名人・王座


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が本木克弥8段、白番が芝野虎丸名人・王座の対戦でした。対局は上辺で白が黒の星からの小ゲイマジマリに肩付きしたのを黒が挟んでいって、まずはここから競い合いが始まり、結局白の厚み、黒の実利という分かれになりました。白の左辺の模様が大きくなったので黒は左辺に打ち込んで行きました。白はそれに対して左下隅から下辺に延びる黒を圧迫してモタレ攻めを狙いました。しかし途中で手を抜いて左辺のボウシを打ったので、すかさず黒が下辺から白を切っていってもつれた戦いになりました。結局白は左辺を渡って上下が連絡し、また下辺も頑張りましたが、黒も最初に打ち込んだ左辺の石と下辺で白を切っていった石が連絡したので、黒が悪くない局面になりました。更に黒は下辺の白を攻めましたが、白がただ逃げるのではなく、右下隅の黒を封鎖気味にケイマに打ったのが機略に富んだ手でした。黒は当然の手としてツケコして白を切断しましたが、白は右辺を犠牲にして中央を厚くして中央の黒を狙いました。ここで劫になり、お互いに劫材を打ち合った後、黒からの劫材で左辺上方への進出を止めると、黒から後手ですが活きる手が残るという場面で、白は他に転じました。右辺で白が先着してそれなりに大きく活きる手を残した後、白は結局黒の左辺上方への進出を止めずに眼を取りに行きました。しかし白も中央が薄い上に下辺から延びる一団も眼がありませんでした。結局最後は中央の白が活き、中央の黒と下辺から延びる白の攻め合いになりました。しかし白は右辺で手数を伸ばす手があり、これによって攻め合いは白の勝ちとなり、黒は途中で上辺も犠牲にしたため、ここで黒の投了となりました。なお、今回実現しませんでしたが、中に相手の活きた石を完全に(円状に)囲み、その石がまた相手の石に包囲された場合、「欠け眼活き」という特殊な活きが生じる場合があるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.