新型肺炎:冷静な対応を

何だか、中国の新型肺炎に対して、オーバーとしかいいようがないような反応が一部マスコミに見られます。
以下、SARSが香港で流行した時に調べたことを再掲します。

1.日本では、年間100人に1人のレベルで肺炎にかかる(感染率1%)
2.肺炎で死亡する人(厚生労働省の統計を参照)も、年間8万人~10万人であり、ガン、心臓疾患、脳疾患などに続いて日本人の死因の第5位。(2018年)交通事故による死者よりも多く、致死率も7~8%に達している。
3.肺炎を引き起こす原因になる細菌・ウィルスは、肺炎球菌、インフルエンザ菌、マイコプラズマ、グラム陽性菌などSARSのコロナウィルス以外にも、きわめて多種多様。しかも日本での肺炎による死者のうち、半数はどの菌によるものか原因不明。治療法も対症療法が中心で、確立しているとは言い難い。

私も以前、2007年だったかと思いますが、肺炎になって会社を10日間休んだことがあります。その時も、既に医者が抗生物質を大量に投与していたため、原因となった菌は不明でした。
今回の中国の新型肺炎、致死率が3%であればむしろ普通の肺炎より低いです。また、今回たまたま菌が特定され、それが新型ということで騒ぎになっていますが、実は世界の各地で色んな新型肺炎が常に発生しているんだと思います。
(写真は2003年5月の香港において)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.