NHK杯戦囲碁 鶴山淳志8段 対 本木克弥8段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が鶴山淳志8段、白番が本木克弥8段の対戦です。この碁の焦点は序盤で白が黒のヒラキに打ち込んでからの一連の攻防でした。黒は上辺で肩付きをしてその1子を犠牲にして左辺に打ち込んだ白を封じました。しかしまだ白1子は完全に取られておらずその動き出しが後の焦点になりました。それをにらみながら白は更に黒の左辺下方にも打ち込みました。その後の攻防で、白は左下隅の黒を封鎖しました。黒はその包囲している白にツケコシを決行し戦いになりました。ここで白が隅で黒1子を抜いたのが活きを確保しかつ左辺の白にワタる手が出来た好手でした。この結果黒は中で活きることになりましたが、中央は白が厚くここで白が優勢になりました。その後白は下辺の黒を切り離して攻め、黒は眼が無いためどこかの白を取るか攻め合いで勝つ必要がありました。そこで黒は右辺下方の白を取りに行きました。ここは白が正しく打てばセキで、同時にセキ崩れで下辺の黒が取られていました。しかし白が間違え攻め合いは黒の1手勝ちとなり、黒は何とか危機を脱しました。しかし白も中央の黒を取り込んだので、まだ白の優勢は続いていました。その後黒は右上隅の白を攻めましたが白は問題なくしのぎ、形勢は盤面でいい勝負であり、黒の投了となりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.