スタートレックのファーストシーズンの”The Naked Time”

スタートレックのファーストシーズンの”The Naked Time”を観ました。エンタープライズ号がある氷に包まれた惑星の観測基地で6人のスタッフが死亡した事件を調査するため、その惑星の軌道を回っていました。その基地ではスタッフは自分達で暖房を切ってしまって、まるで頭がおかしくなったような死に方でした。調査に降り立ったスポックともう一人はエンタープライズ号に戻りますが、もう一人が犠牲者の血に触ってしまい、ある病原菌に感染した状態でエンタープライズ号に入ります。その男は急に感情的になって、ナイフを振り回し始め、止めようとしたスールーともう一人ともみあっている内に、自分の体にナイフを突き立てて結局死んでしまいます。その時に、スールーともう一人も感染し、スールーは操縦席を離れて上半身裸になり、剣を振り回します。スールーって日本語吹き替えではカトーになっていますが、日本刀ではなくフェンシングの剣ということは、どうも東南アジアのどこかの出身という設定ではないかと思います。また、この回で面白いのはいつも冷静で感情をコントロールしているスポックも感染して、泣き出してしまうことです。結局最後はカークも感染し、2番目に感染した男がエンジンルームを占拠してエンジンを止めてしまい、エンタープライズ号は惑星の重力で大気圏に突入しあわや燃え尽きる所でしたが、カークが反物質を使ってワープエンジンを急発進させ、何とか軌道から離れることが出来ました。病原菌は血液中に入るとアルコールのような作用を人間に及ぼすという説明で、ドクター・マッコイが治療薬を開発します。それはいいんですが、反物質による急速発進で勢いのつき過ぎたエンタープライズ号は時間を逆行して3日前に戻ってしまうというエピソードが入ります。これは後の回で過去に行くエピソードがあるので、その伏線かと思います。しかしこれまでの回やたらサイコがらみのエピソードが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.