NHK杯戦囲碁 張栩9段 対 安斎伸彰7段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が張栩9段、白番が安斎伸彰7段の対戦でした。本局は張栩9段の早碁の名局と言って良く、終始戦いながらも少しずつポイントを上げ、優勢を保ったまま勝ちきりました。しかも考慮時間を安斎7段が8回使ったのに対して、張9段は何と一度も使わずに勝ちきりました。この碁の焦点は左上隅で張9段が劫を仕掛けた時で、白が劫立てに左辺で黒の腹中にあった白1子を動き出し、結局振り替わりになり、黒が左上隅を地にし、白は左辺で活きました。しばらく後に黒が左上隅から左辺に対して打った手が機敏で地としても大きく、更に劫にして左辺で取られた黒を連れ戻す手が残りました。黒はしかし中央の石が孤立して眼が無く、攻められましたが、上手く白の包囲網の弱点を突き、また先ほどの左辺の劫狙いも活用し、白の寄り付きを最小限にしました。白は中央の黒への攻めとからめて右上隅に潜り込みましたが、黒も右辺を大きく地模様にし、差は縮まりませんでした。白は右辺に打ち込み、そのからみで右下隅に入りましたが、このタイミングで黒が左辺で劫を仕掛けました。白は結局左辺で謝らせられた格好になり、黒は右下隅の白を活かして、その代わり中央の黒と右辺の黒を地を持ちながら連絡し、これでほぼ逆転の可能性は無くなりました。結局黒の4目半勝ちでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.