NHK杯戦囲碁 六浦雄太7段 対 依田紀基9段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が六浦雄太7段、白番が依田紀基9段の対戦です。まずは右上隅で初めて見た展開になりましたが、黒は時間をほとんど使わず打ち進めたのに対し、白は4回考慮時間を使わされました。その内容は黒が上辺から掛かった白にコスミツケて一間に高く開いたのに、白がすぐに右辺で3線に打った後、黒が手を抜き、白が大ゲイマで滑ったのに黒が外から付けて反発した所から始まりました。結果として黒は右辺の3子を上手く捨てて、逆に上辺の白2子を制しました。黒は2の2の置きが先手で打てるため、白地は大きくありませんでした。AIの形勢判断も黒のリードとなりました。次に戦いは右辺と右下隅になりました。ここの折衝の結果は右辺の白3子が取り込まれて右辺と右下隅が黒地になり、代償で白は下辺を割って下辺左の黒3子を攻める展開になりました。ここでAIは黒の確定地が大きく、黒3子のサバキも難しくないということで、大きく黒のリードとなりました。しかしその後の白の追及も厳しく、形勢はまだ不明でした。しかし白が途中で中途半端に地を確保することに方針を変えたのが疑問で、上辺から下辺まで黒がつながり、不安な石が無くなりました。白はその後、右上隅で狙いのハネだしを決行し、差を詰めましたが盤面で10目以上の黒のリードは変わらず、最後は下辺からの白の生死に関わる劫を仕掛けられ、謝れば活きはありましたが、逆転の余地は無く、黒の中押し勝ちになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.