NHK杯戦囲碁 小池芳弘6段 対 鈴木伸二7段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が小池芳弘6段、白番が鈴木伸二7段の対戦です。試合前の挨拶ではお互いにあまり戦わない碁を目指すようなことを言っていましたが、実際はかなり激しい戦いの碁になりました。特に白が上辺から右上隅の小目の黒にかかって一間に低く挟まれたのを放置して右下隅に今度は一間に高くかかってから、お互いの石がもつれました。黒はこの右下隅からの白の一団を上手く地を稼ぎながら攻め、白は中央に厚みらしきものを作りましたが、結局眼がないため、厚みとして十分働かず、むしろ最後まで祟りました。白は右下隅からの石と上辺で右上隅にかかった石をドッキングしましたが、黒は全体を攻め立てました。しかし白も先手を取って上辺で両方の黒を挟むことになる一石二鳥の手を打て、戦いはさらにもつれました。このハサミによって分断された黒の弱石2つと、白の上辺の弱石と、右下隅からの石という4つの石の絡んだ戦いになりました。この戦いの中で、黒が右下隅から延びる石に付けて来たのに対し、白は中央を押さえて黒の進出を止める手が時間が足らずに読み切れず、結果的に中央で黒に突き抜かれては形勢は黒に傾きました。しかし白もその後、上辺から伸びる黒を攻めながら下辺になだれ込み、左下隅の黒3子を取る戦果を挙げましたが、ここで黒がほとんど活きと思われていた右下隅からの白石の眼を取る手を打ちました。結果的にこの白は一眼しかなく、右上隅で後一眼が出来るかが勝負でしたが、結局劫になりました。劫争いの結果、白は右上隅で劫を解消しましたが、今度は左辺の黒を動き出され、結局左辺の白半分を取り込むという大きな戦果を挙げました。白も左上隅で得をしたものの、トータルでは損が大きく、以降白のチャンスはありませんでした。結果的に黒の6目半勝ちに終りました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.