NHK杯戦囲碁 横塚力7段 対 安斎伸彰7段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が横塚力7段、白番が安斎伸彰7段の対戦です。右上隅で白が大ゲイマジマリの黒に付けて行って、難解ながら最近定石化している攻防になりましたが、黒からシチョウアタリを打った後、シチョウの逃げ出しを狙うという形が残りました。この黒の狙いの効果を減らすため、白は取られている隅の1子を下がった後、更に黒の構えの急所に置いて行き攻め取りにして上辺で1線の下がりを先手にしようとしました。これに対して黒は左下隅の白に対してノゾキからシチョウアタリで大ゲイマに打ち、右上隅を受けませんでした。この結果右上隅は白地に変わり、黒はシチョウを逃げ出しました。この振り替わりはAIの判定では白の実利の大きさにも関わらず黒が優勢でした。次に左下隅で黒が覗いて白が継がないでいた所を黒が切り、ここでも戦いになりました。しかし白は左下隅をあっさりと捨てて打ちました。しかしこれはさすがに黒の実利が勝り、黒のリードは拡がりました。その後白は下辺に打ち込んでいた黒を切り離し下辺から右下隅に大きな地を作りました。しかし左辺から中央の白の眼が無く、ここのシノギ勝負になりました。白は手順を尽くして中央に何とか一眼を作りましたが、左辺を切られ劫になりました。しかし側劫が白にはいくつかあったものの、黒からは右上隅で取られている黒を活用して3手ぐらい劫立てが利くため、白の劫材は尽き白の投了となりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.