「巨人の惑星」の”Pay the piper”

「巨人の惑星」の”Pay the piper”を観ました。何と、宇宙家族ロビンソンのドクター・スミス役のジョナサン・スミスがゲストスターで登場、しかもその役はハメルーンの笛吹きです。笛吹きはある政治家から、地球人達を捕まえたら一人1,000ドル払うというのを受け、そのフルートみたいな音がする楽器でフィッチュー、ダン等の4人を捕まえます。それをすぐその政治家に持っていきますが、その政治家は選挙活動中でそんな金は無いと言って支払いません。怒った笛吹きは、ハメルーンの笛吹きの話と同じく、笛でその政治家の息子を誘い出して連れて行こうとします。しかしダンが笛の音をテープに録音して逆回しして音を中和したために、子供は正気に戻ります。そこで笛吹きは今度は地球人達に取引きを提案し、そのテープを止めて政治家の息子を連れ出すのに協力してくれたら、全員を地球に戻すと言います。キャプテンは断りますが、例によってフィッチューがこっそり笛吹きと契約します。フィッチューはテープを止め、笛吹きは政治家の息子を連れ去ります。しかしそこでキャプテン達に見つかり、キャプテン達と笛吹きで議論になります。笛吹きは賭けをもちかけ、良くある3つのカップの一つに何かを入れて、それを素早く動かしてどのカップに物が入っているか当てるという賭けを提案します。キャプテン達は2回負けますが、最後にフィッチューがインチキをやって勝ちます。しかし笛吹きは地球に連れて行くのはずっと先のことですぐ戻すとは言っていないと言います。彼が笛を吹こうとするとそれにはキャプテンが唐辛子を塗っていたため、笛吹きは驚いて逃げていきます、という話です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.