「巨人の惑星」の”The Secret City of Limbo”

「巨人の惑星」の”The Secret City of Limbo”を観ました。考古学者が2人、キャプテン達が潜む森で発掘調査をしています。そこに突然謎の巨人が現われ、岩を熱線銃みたいなもので撃って考古学者2人を殺そうとします。2人は何とか助かりますが、キャプテン達をたまたま見つけたため、キャプテン達が彼らを殺そうとしたと思い込みます。一方でフィッチューが岩の破片が頭に当たって気絶していたため、何とか介抱しようと入った洞窟のような所で、あるグリッドの上に乗った3人(ダン、フィッチュー、ヴァレリー)は突然どこかに転送されます。そこは地底人の秘密の都市でした。地底人は以前地上の巨人達と争い、地下に安住の場所を求めて逃げ出していました。しかし考古学者が発掘を進めるとその都市が見つかってしまい、その場合は地底人と地上人の間の戦争になります。地底人の間ではそのトップの地位を巡って選挙が行われていましたが、キャプテン達は科学者の方に味方し、何とか戦争を回避するために、考古学者が探している化学物質を地底人の科学者に作らせて、それを考古学者に発見させようとします、といったお話ですが、これまで一度も出て来なかった地底人が出てきたり、また以前は海の向こうにはまた違う人々が住んでいたりで、巨人の惑星はなかなかに複雑です。なお考古学者の内の一人はホイット・ビッセル(タイム・トンネルで司令官を演じていた人)が出てきました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.