スター・トレックの第2シーズンの”Assignment: Earth”

スター・トレックの第2シーズンの”Assignment: Earth”を観ました。これが第2シーズンの最後のエピソードです。元になっているのは、Gary 7というSF版007(?)を主人公とするスター・トレックとは別の企画のドラマだったのが、どこのTV局も乗ってこなかったので、スター・トレックの中の1話として転用されたみたいです。エンタープライズ号が1968年の地球に来て歴史の調査をしていた所に、突然衝撃波がエンタープライズ号を襲い、スーツ姿の人間が猫を連れて転送して来ます。男は早く地球に転送されないと、大変なことが起きると言いますが、カークにはその男が地球の味方なのか敵なのかが判断出来ず、取り敢えずフェイザーで麻痺させて収容します。しかしその男は自分の武器で脱出し、ニューヨークの自分の事務所に転送で移動します。コンピューターをチェックして、彼の支配下のエージェント2人が行方不明で、結局殺されていたことが分かります。丁度その時アメリカは、衛星軌道より下の軌道を回る核ミサイルを打ち上げようとしていました。男は基地に移動し、核ミサイルロケットの回路を変更しようとします。しかしスコッティが彼を発見し、エンタープライズ号へ転送しましたが、男の事務所の秘書がたまたま装置をいじったためその転送がキャンセルされ、男は事務所に戻ります。核ミサイルは男が回路をいじった結果、軌道を逸れ、核弾頭がアクティブになった状態で地表に向かって降下を始めます。そこにカークとスポックもやってきて、スポックがミサイルを操作しようとします。しかしロケットが地上に到達するまでの時間が無く、結局カークは男を信用してコンピューターを操作させます。結局核ミサイルは地上160Kmぐらいで爆発します。この目的は人類にこのようなミサイルは人類自体を破滅させることを警告するためでした。結局エンタープライズ号の介入は、それ自体が元々の歴史で起きたことそのままということで、目出度く大団円です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.