スター・トレックの第3シーズンの”Requiem for Methuselah”

スター・トレックの第3シーズンの”Requiem for Methuselah”を観ました。Methuselahって何だと思ったら、旧約聖書に出て来る人でノアのお祖父さんにあたり、969歳まで生きたとされているようです。つまりは今回は長生きした男の話ということになります。どうでもいいですが、この第3シーズン、「今週の女優」パターンの話ばかりになり、第1、第2シーズンのバラエティーの多様さが失われたように思います。お話はエンタープライズ号の中でライジェリアン熱という疫病が流行り、次々にクルーが感染します。この病気を治せるのは、ただライタリンという物質だけです。カークとスポック、マッコイはその物質を求めてある星に降り立ちます。そこでいきなり空中を移動する小形ロボットに攻撃されます。すぐにその後、一人の男が出てきてこの星から出ていくように言います。カーク達のフェイザーは動かなくなってしまっていました。しかしカークはエンタープライズ号に自分達が攻撃されたら、その場所をエンタープライズ号のフェイザーで撃てと命令し、お互いに手詰まりになります。フリントと名乗る男は非礼を詫び、3人を自分の住居に案内します。そこは中世のイスタンブール風の建物で、その中には驚くべきことにまだ発見されていないダヴィンチの絵のオリジナルがありました。その内3人はフリントからレイヤという美しく聡明な女性を紹介されます。フリントはレイヤにカークとビリヤードをし、踊り、話すように言います。スポックがピアノでワルツを弾きますが、その楽譜は驚くべきことにヨハネス・ブラームスの直筆でした。しかしスポックはダヴィンチの絵が現代の絵の具で描かれていて、ブラームスの楽譜も現代のインクで書かれていることを発見します。フリントはライタリンを集めるのに協力しますが、しかし集めたライタリンには毒が含まれていました。フリントは今度は自分で集めるといって出ていきます。カークはその間にレイヤに魅せられていきます。スポックがちゃんとしたライタリンがラボの奥の部屋にあることを突き止め、3人はそこに入ります。そこで発見したのは、レイヤのもっと若い時の体で、レイヤはアンドロイドでした。フリントはBC3800年頃の戦いで自分が不死の体であることを発見し、ダヴィンチもブラームスも全てフリントであることを告白します。フリントはレイヤに愛することを教えるためにカークを利用しました。しかしカークは本当にレイヤを愛し、フリントとカークの間で殴り合いになります。レイヤは自分で決めると二人の戦いを止めますが、どちらに付いて行くといってももう片方を苦しませるということがわかり、その苦悶で死んでしまいます。カーク達はエンタープライズ号に戻り、ライタリンのお陰でクルーの健康が回復します。しかしカークはレイヤを忘れられずに…という話です。英語のWikipediaによるとこの話は「禁断の惑星」をぱくっているようです。確かに男女とロボットという組み合わせは「禁断の惑星」です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.