キャプテン・スカーレットの”The Trap”

キャプテン・スカーレットの”The Trap”を観ました。XQRというジェット機をエンジェルスが護衛して飛行中に落雷でXQRが墜落して爆発します。乗っていたゴダード准将とそのパイロットは死亡しますが、ミステロナイズされXQR共々蘇ります。護衛していたメロディーはXQEが墜落したと報告しますが、おりからの悪天候での視界不良のため受け付けてもらえません。クラウドベースについたゴダード准将(例のミステロンズをチェックするカメラで簡単にミステロナイズされていることは確認出来る筈ですが)は、次の日に行われる世界の空軍のトップのサミット会議の場所を変え、スコットランドの使われていない古城にすることを主張します。キャプテン・スカーレットがすぐに安全確認のため古城に赴きます。彼はそこで怪しい人影を見つけ探っている内に、会議の行われる大部屋の壁にかけられた肖像画に仕掛けがあって、その裏に機関銃が据え付けてあるのを発見します。しかしスカーレットはミステロナイズされたゴダード准将らに捕まってしまいます。この辺りになるとミステロンズ側もキャプテン・スカーレットが不死になっていることを知っているらしく、スカーレットは地下室の壁につながれてしまいます。後からやって来たシンフォニーもやはり捕まって地下室にスカーレットと一緒につながれます。その内メロディーがクラッシュしたXQRの残骸を発見し、ゴダード准将がミステロナイズされていることをカーネル・ホワイトに連絡し、キャプテン・ブルーがSPVで古城に向かいます。スカーレットはシンフォニーの協力で何とか近くの床にあった槍を手にし、それで天井の通風口を叩きます。それに城の管理人が気がつき、間一髪で絵の後ろにいたミステロナイズされたXQRのパイロットを射殺しました。スカーレットはシンフォニーにヘリコプターで要人を脱出させようとしますが、駆けつけたキャプテン・ブルーから城の外壁から機関銃がヘリを狙っていることを告げられます。スカーレットは先ほどミステロナイズされたパイロットに撃たれていましたが、パーソナルジェットを身につけ、機関銃を操作しているゴダード准将と撃ち合います。その隙にシンフォニーの操縦するヘリコプターは無事発進します。スカーレットはブルーにSPVの機関砲で城を攻撃するように言います。城は破壊され、スカーレットも機関銃に撃たれて城の爆発に巻き込まれますが、例によって不死身で蘇ります。ホワイトベースに戻ったスカーレットは、助けてくれた城の管理人に「どうやって助かったのかが分からない」と言われて「私は不死身なんですよ。」と答えますが、ジョークとしか受け取られませんでした。今回は30分でなかなかスリリングな展開で良かったです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.