アストリッド・リンドグレーンの「ペレ、家を出る」(ハインツ・リューマンのクリスマス朗読集)

アストリッド・リンドグレーンの「ペレ、家を出る」を買って、表題の話だけ読みました。(ドイツ語)これは元々、ハインツ・リューマンというドイツの名優(「狂乱のモンテカルロ」「ガソリン・ボーイ三人組」といったドイツの表現主義映画の全盛期の俳優)がクリスマスにちなむお話を朗読していたレコード(学生時代に買ったもの)に入っていたお話です。このレコード、非常に売れたみたいで、CDでも出ていますし、YouTubeにもその中身が上がっています。このお話のは、下記にあります。
https://www.youtube.com/watch?v=-1vw45E92sA
このお話自体は、5歳くらいのペレという男の子が、ある朝お父さんからまた私の万年筆を勝手に持っていっただろう、と冤罪を着せられてすねて家を出ようとする、という他愛ないお話です。その中で、ペレが家出の際に持ち出そうとするのが、ハーモニカと「マックスとモーリッツ」(漫画の元祖と言われる悪戯好きな男の子2人の絵本。私は、マックス・ヴェーバーに関連したサイトの管理人としてのハンドル名をモーリッツにしていますが、このお話から取ったものです。)というのが面白くて、ちょっと原作を確認してみたものです。作者のアストリッド・リンドグレーンって誰だろう、と思ったら何と「長くつ下のピッピ」を書いた超有名な児童文学者でした。それで何と原作には「マックスとモーリッツ」は出て来なくて、別の絵本でした。おそらくハインツ・リューマンが「マックスとモーリッツ」の方が知っている人が多いと思って変えたのではないかと思います。
話の内容は単純ですが、でもちょっと心暖まるお話で、クリスマスの時に聞くのに適した話だと思います。リューマンのレコードにはこの他、ルカ福音書のキリスト誕生の場面とか、リルケの「若き詩人への手紙」とか、ヘルマン・ヘッセの「段階(Stufe)」とか、そんな話が入っていました。少し内容は変わっていますが、今でもCDが販売されており、Amazonで買えます

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.