ジョー90の”The Unorthodox Shepherd”

ジョー90の”The Unorthodox Shepherd”を観ました。最初の放送日が1968年12月22日だったので、クリスマスものになっています。WINはある村の「呪われた教会」を調べにジョーとマクリーン教授を派遣します。実はそこの神父が使った紙幣が偽札でした。ジョーが世界銀行の頭取の知識をビッグラットで得て、偽札を鑑定した結果は、それは本物の紙幣用の金属版で刷られたものでしたが、その版は7年前にニューヨークで破棄された筈のものでした。実は偽札を作る一味が7年前にあるギャングが死んだのに死体を棺に入れて故郷のイギリスに送るのに、その中に金属版を隠して輸送していました。偽札の印刷は教会のある墓の下の地下室で行われており、村人が近付かないように誰もいないのに鐘やオルガンが鳴る仕掛けがしてありました。WINのサムの調べに神父は偽札の一行を匿っていることを告白しますが、教会の下働きの男を人質に取られているためそうするしか無かったと言います。今度はマクリーン教授やジョー達が教会に仕掛けを作って、亡くなったギャングの霊を装って逆に偽札の印刷団の一人を脅します。そして最後はジョーが天使の格好をし、パーソナルジェットを使って空を飛び、もう一人の偽札の印刷団を脅かして捕まえます。パーソナルジェットの操作方法は例によってビッグラットで知識を得たものでした。という訳で今一つのエピソードでしたが、ただ一つ面白かったのは、尋問を誤魔化すため耳が遠い振りをしていた神父が、WINのサムが銃で彼を脅そうとしたのを、安全装置を解除する音だけで銃の種類を当て、なおかつそのタイプの銃を持っているのはMI6かインターポールかWINだけだが、お前はその内のどこに所属するのか、と逆尋問するシーンです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.