トワイライト・ゾーンの”The Fever”

トワイライト・ゾーンの”The Fever”を観ました。フランクリンとフローラのギブソン夫妻はラスベガスのホテルに2泊3日で招待されます。それはフローラの広告コピーが優勝した賞でした。フローラはスロットマシンをちょっとやってみようとしましたが、フランクリンはギャンブルが大嫌いで強く止めます。それでもコイン一枚だけやってみましたが、それは外れます。部屋に帰ろうとしたフランクリンでしたが、そこに酔っ払いがやってきて、彼に無理矢理一ドルを渡し、スロットマシンをやらせます。するとそれは小アタリとなり、フランクリンは10ドルを稼ぎます。それでも部屋に帰ったフランクリンでしたが、真夜中にそのコインが彼を呼ぶのを聞き、それが2倍にも3倍にもなった幻覚を見ます。それで深夜に彼はカジノに出かけ、先ほどのスロットマシンに儲けたコインを投入します。それは5枚コインを使うと4枚返ってくるという調子で、次々にコインを投入したフランクリンは止められなくなり、小切手を切ってコインを買い、次々にそれをスロットマシンに投入します。それを5時間以上続けて朝になり、とうとう最後の1枚のコインになります。それを入れてレバーを引こうとしましたが、マシンは故障してしまいレバーが引けません。フランクリンは興奮して俺の1ドルを返せとマシンに怒鳴り、とうとうマシンを叩いて倒してしまいます。フローラとカジノの職員によって部屋に戻されたフランクリンですが、しかしベッドでまた彼を呼ぶ声が聞こえます。ドアを開けるとなんと先ほどのスロットマシンが彼を求めて動いてやって来ていました。恐怖に駆られたフランクリンは逃げようと後ずさりし、それでホテルの窓から下に落ちて死んでしまいます。その側にさっきのスロットマシンがやって来て、彼の最後の1ドルを返して去って行きます…
という今回もかなりホラー調のストーリーでした。まあでもこの手のギャンブルで、ビギナーズラックで最初大当たりしてはまる、というのは一つのパターンですよね。私も会社の出張で展示会に出るためにラスベガスのホテルに泊まったことがありますが、ともかく空港に降りた瞬間に空港の中にまでギャンブルマシンが溢れていたのにはあきれた思い出があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.