NHK杯戦囲碁 謝依旻7段 対 阿部良希4段(2022年7月24日放送)


本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が謝依旻7段、白番が阿部良希4段の対戦でした。阿部4段はNHK杯戦初出場であり、また二人は初手合いです。対局は黒が地で先行し、白が左辺から中央にかけての模様で対抗という進行になりました。形勢が動いたのは右下隅で、白が黒のカカリに手を抜いて、黒が両ガカリしてからの折衝で、白が左辺からの模様の拡大をかねて、下辺で大ゲイマで黒を封鎖に行ったのがある意味打ち過ぎで、黒は待ってました、とばかりに出切り、ここから戦いが始りました。この戦いの結果として、黒は右辺と下辺で地を持ってほぼ治まり、白はその2つの黒の間に入って後で攻められることになりました。特に下辺の黒は白1子をシチョウに取って厚くなり、これが自然に白の左辺からの大模様を牽制する形になりました。その後白は模様を可能な限りまとめ、また左上隅で黒地を減らすなどして、懸命に挽回を図りました。また中央で黒3子を取り込んだため、形勢はかなり接近しました。しかしながら全体では黒が少し厚い碁形で、終ってみれば黒の1目半勝ちでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.