中里介山の「大菩薩峠」第2巻

中里介山の「大菩薩峠」第2巻を読了。この巻では宇治山田の米友が登場します。米友は背は子供のようだけど、顔は老人のよう、そうして体は筋骨たくましく、槍の名人というキャラクターで、龍之助とは対照的に天真爛漫で正義感が強い人物で、暗い展開が多いこの小説の中では一種の息抜き的な存在になっています。この巻で米友は無実の罪に問われ死罪で崖から突き落とされますが、道庵先生の手によって治療され奇跡的に助かります。しかし片足を骨折して跛になります。
物語のもう一つの流れとして、兄宇都木文之丞の敵として龍之助を付け狙う宇津木兵馬が、いつ龍之助と対決するかがありますが、作者はこれを徹底的に引っ張ります。確か私が記憶している所では、前回私が読んだ範囲ではまだ敵討ちは実行されなかったように思います。この巻ではまた、悪旗本の神尾主膳が甲府に配流されて、この地でまた悪を行おうとして龍之助と衝突します。
まだ全体の1/10を読んだに過ぎません。先は長いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.