井山7冠王雑感

今回、井山裕太棋聖は7冠王を達成しましたけど、将棋の羽生さんの7冠王に比べると事情が違います。将棋は日本でほぼ完結していて、日本のタイトルを独占すればそれ以上のものはありません。囲碁もかつては日本が世界No.1でしたが、最近(2000年代になってから)は、国際棋戦では、中国・韓国の後塵を拝し、日本の棋士はほとんど勝つことができません。井山7冠王にしてからが、国際棋戦では勝率5割くらいの成績しか上げていません。つまりは7冠王といっても、所詮は日本でのローカルチャンピオンに過ぎません。賞金獲得額のランキングでいうと、井山7冠王は世界ランキング4位くらいぐらいになるようですが、とてもその地位にふさわしい勝ち方を国際棋戦ではしていません。井山7冠王は今後は世界を目指して欲しいと思います。
一方で、今後誰が井山棋聖の7冠を阻止するかですが、平成四天王みたいな人達より、今の10代、20代の若い棋士に期待したいです。具体的には一力遼七段とか、今回十段を取られてしまいましたが、伊田篤史八段とか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.