古今亭志ん朝の「文七元結」

jpeg000 51ちょっと思い立って、落語を聴いてみたくなって、古今亭志ん朝の「文七元結(ぶんしちもっとい)」を取り寄せ。最高でした。このお噺は長兵衛が文七に五十両の金を渡すのを、いかに不自然でなく演じるかがポイントと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.