古今亭志ん朝の「唐茄子屋政談」

jpeg000 72落語、志ん生の「唐茄子屋政談」が前半だけだったので、全体を通して聴きたくなって、志ん朝のを取り寄せました。前半部は奇しくも親子の聴き比べになりました。全体にぞろっぺえの感じがする志ん生に対し、志ん朝のは噺の内容が細かく補足されていて、私には志ん朝の方が好ましく思いました。噺の内容としては、遊びが過ぎて勘当された若旦那が、身投げをしようとしていた所を叔父に見つかって止められ、叔父の家に居候して唐茄子(かぼちゃ)を売る行商として働くことになりますが、唐茄子の売上げを不幸な女性にあげてしまいます。そのお金を因業な大家が取り上げてしまったのを、若旦那が知って、大家の所に乗り込んで大家を殴ります。このことがお上の知る所になり、大家は罰を受け、若旦那にはお褒めの賞金が出て、勘当も取り消されるという、「情けは人のためならず」の噺です。通して聴いて、人情噺の傑作と思います。志ん朝は自身が落語界の若旦那的な存在だったせいもあると思いますが、若旦那を演じさせると本当にいいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.