桂文枝の「立ち切れ線香、三十石、喧嘩長屋」

jpeg000-42今日の落語、五代目桂文枝の「立ち切れ線香、三十石、喧嘩長屋」。今回初めて上方落語にしてみました。ですが、いまいち好きになれないですね。五代目桂文枝の語り方があまり相性が良くないんでしょうか。特に「喧嘩長屋」はやかましくて下品で、という感じで良さがわかりません。「立ち切れ線香」はちょっとほろっとさせる噺です。三十石はなんだか京都の観光案内みたいな噺。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.