NHK杯戦囲碁 山城宏9段 対 張栩NHK杯選手権者

jpeg000-105本日のNHK杯戦の囲碁は本日から3回戦で、黒が山城宏9段、白が張栩NHK杯選手権者の対戦。対局は黒の山城9段が2連星から左上隅が二間高ガカリ、左下隅が白の目外しに対して高目ガカリと徹底した外回り指向。これに対して白は各所で地を先行して稼いで余し作戦です。こういう碁では、白の弱石を黒がいかに攻めて得を図るかが焦点になりますが、張NHK杯選手権者者は唯一の白の弱石の左辺から延びた白石を、その上方に展開する黒に効かせて、うまく中央に脱出しました。(写真参照)この白石に心配がなくなったので白は右下隅で三々に入って地を稼ぎ、右辺でも露骨に2線を這って更に地を稼ぎました。この折衝で黒は右上隅で白に覗き一本を打たれたのが大きく、後で黒は中央を囲いきれず、右上隅を守る手を打たされてしました。白は当然中央に進出して黒地を消し、これで白が優勢になりました。黒は厚みを生かして寄り付きを図りたい所でしたが、白に弱石はなく、単なる囲い合いになりました。こうなると白が先行した確定地がものを言い、最後は盤面でも白が良くなり、白の中押し勝ちとなりました。山城9段はこの碁ではあまりいい所がなかったです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.