NHK杯戦囲碁 伊田篤史8段 対 本木克弥7段

本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が伊田篤史8段、白番が本木克弥7段の一戦です。この碁は序盤の下辺での戦いがほとんどすべてでした。黒は右下隅から延びた石の形に隙があり、白から両切りを狙う筋がありました。白は下辺から延びる石で普通中央に一間に飛ぶのをケイマに打って、この筋を強調しました。しかし黒は受けなかったので、白はすぐに狙いを決行したのですが、まず黒の一間飛びの所に覗いたのが手順前後で、黒は継がずに下の石から左に伸びました。ここでの折衝の結果、黒は2つの弱石が下辺でつながって治まり、なおかつ中央へはタケフの形で白を2つに割いており、黒は非常に打ちやすい碁になりました。その後白は右上隅にかかっていき、隅を捨て石にし、うまくさばきました。さらに白は左辺を目いっぱい囲おうとしましたが、黒は白地の中で切断されていた石を動き出し、ここをうまく活きて、黒の優勢は変わりませんでした。その後上辺の黒で白が1線を跳ねてきたのを、欲張って受けようとして、白から2子取りで劫にする手をうっかりし、ここが劫になりました。この劫に負けると黒は1眼となり、中央で眼を作らないといけなくなります。しかし、白は劫材が続かず、黒が劫に勝ち、白は右辺を連打しましたが、弱石がつながったというだけで、形勢に大きな影響はありませんでした。その後下辺の寄せで、あわやという場面がありましたが、黒が受けきり、白は持ち込みになり、ここで白が投了しました。伊田8段の冷静な読みが光った一局でした。伊田8段はこれでベスト8進出です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.