「謎の円盤UFO」の全26話の感想

「謎の円盤UFO」の全26話を観終わっての感想。ともかく子供の時から好きだったシリーズをようやく全話観ることが出来たのはとても良かったです。全編を通じて、ともかくストレイカー司令官がほぼ常にメインで話が進むということが分かりました。このドラマは撮影の途中でスタジオの工事の都合で長い中断が入っており、途中で最初に出ていた役者の一部がいなくなります。その一人がフリーマン大佐で、ストレイカーの盟友で副参謀的なキャラでしたが、26話中17話にしか登場していません。ストレイカーに次いで登場回数が多いのがフォスター大佐で、何故元単なる民間のパイロットだった彼が大佐にいきなり抜擢されるのかは理解出来ませんが、彼も色んな女性を口説いたり、エイリアンに拉致されたり(夢でしたが)、死刑判決を受けたりと、なかなか忙しいキャラでした。フリーマン大佐が登場しなくなって代わりに出てくるのがレイク大佐(女性)でしたが、なかなか美人ですがイマイチ存在感に乏しかったように思います。(このレイク大佐を演じている女優、何とあのベネディクト・カンバーバッチのお母さんです!)
ストーリーの展開は、最初はお気楽路線でやたらと女性を口説いたりするシーンが目立ちましたが(どうもイタリア人の脚本家がいたようです)、ストレイカーの私生活の話が混じりだすと、途端に暗くシリアスになりました。ある意味脳天気なアメリカのSFドラマとはそこが違います。またオカルトとか超能力とかサイコ系の話が多いのも特徴で、これはもうイギリス人の趣味としかいいようがありません。
特撮は全体に素晴らしいですが、難点を挙げれば、インターセプターのプラモ臭さが抜けなくて今一つリアル感に乏しいのと、スカイワンの発進シーンで水中からの発進なのに排煙が盛大に上がっていることです。(水中だったら泡になる筈です。)これは多分普通の空気中で撮ったシーンと水中シーンの合成なんでしょうが、スカイワン以外でも魚雷が爆発するシーンで同じように煙りが出ている所がありました。
まあ色々ありますが、私にとってはあらゆるSFのテレビドラマの中で、No.1ではないかという思いは変わりません。このドラマが今一つ視聴率的には良くなく、わずか26話で打ち切られたというのは、内容があまりにも大人向け(女性を口説く、女性がベッドの側で半裸になって誘惑する、何故かスカイダイバーの女性スタッフはブラジャー付けずに網目ユニフォームを着ている{”Sub-Smash”の時の女性クルーは付けていましたが}、仕事が忙しすぎて奥さんに離婚される、レイプや殺人のシーンがある等々)であり、それまでのジェリー・アンダーソンのファン層との食い違いが大きくてTV局側が扱いに困った、と言うところじゃないでしょうか。ただ、アメリカへの売り込みに失敗したサンダーバードと違って、これはアメリカでも放映されたみたいですが。(ストレイカー司令官を演じたエド・ビショップがアメリカ人だったり、イギリスに本部があるのに車が右側通行だったり、と結構アメリカを意識した作りになっています。)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.