吉川英治の「恋山彦」

吉川英治の「恋山彦」を読了。吉川英治が「宮本武蔵」を書く直前の昭和9年から10年にかけて、講談社の雑誌「キング」に連載したもの。昭和8年に日本で公開された「キング・コング」を観た吉川英治が、かなりの影響を受けてこの作品を書いています。後半の主人公である伊那小源太(信州の山奥に隠れ住んでいた平家の後胤)の荒唐無稽な暴れぶりが、まさにキング・コングそのものです。キング・コングは美女のアンを片手にもって、エンパイア・ステート・ビルを登っていきますが、小源太は、柳沢吉保の六義園の開所式に忍び込んで、大暴れし、吉安の妾のおさねを捕まえて片手に抱え、六義園の嘨雲閣(しょううんかく)を登っていきます。キング・コングは人間よりはるかに大きいので(あるサイトによると身長7mくらいではないかということです)、その大暴れぶりは別に問題ないのですが、小源太は大きいといってもたかだか身長は八尺(180cmくらい)ということなので、かなり設定に無理があります。(なんせ小源太一人で、武家屋敷を丸ごと崩壊させたりします。)とはいえ、お話としては、波乱万丈でなかなか楽しめる作品です。最後に小源太が恋人のお品を平家部落に連れて帰る所で終わりますが、その平家部落は既に焼き討ちにあった筈じゃないの、という所がちょっと引っかかりますが。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.