NHK杯戦囲碁 山下敬吾9段 対 一力遼7段

本日のNHK杯戦の囲碁は準々決勝第3局で、黒番は山下敬吾9段、白番は一力遼7段の対戦です。山下9段は早碁棋戦で1回優勝していますが、NHK杯戦では今ひとつという感じで決勝まで行ったことはないように思います。対して一力7段は初出場で準優勝しています。対局は黒の山下9段が上辺の狭い方にかかりましたが、白がケイマの間を割きに来た時、白を遮らず、中央を厚く打ちました。そういった厚い打ち方の延長で左辺をケイマにかけて打ちましたが、白もここは黙って這うところではなく、出切って中央での戦いになりました。この戦いは互角でしたが、黒は2目のところを白に沿って3目に伸びました。ここで白が伸びていれば普通でしたが、白は跳ねを決行しました。これが思いの外厳しく、黒は外して受けました。しかし白は黒の石を攻めたて、黒に眼はなく、ほとんど取られになりました。黒の唯一の狙いは中央の白の出切りでしたが、白はこの狙いを無くすため上辺の黒に覗きを打ちました。黒はこの覗きを継いでいると左辺が死んでしまうため、継がずに下辺を打ちました。白は上辺の黒を切断しましたが、切断された時点でこの黒に活きはなく、攻め合いも白の2手勝ちでした。その後しばらく黒はあがきましたが、結局黒の投了となりました。一力7段は準決勝進出で、結城聡9段と張栩9段の勝者との対戦になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.