NHK杯戦囲碁 呉柏毅 5段 対 謝依旻6段


本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が呉柏毅 5段、白番が謝依旻6段の対戦です。解説は林漢傑8段で両対局者と併せ3人とも台湾出身という珍しい組み合わせです。最初は黒の呉5段が穏やかに打っていましたが、白が下辺を拡げた時黒が打ち込んで行って、そこから戦いが始まりました。打ち込んだ黒と、右下隅から延びた黒と、白は両ガラミでの攻めを狙いましたが、白も下辺の白が右下隅との連絡を絶たれたため、お互いが「そちらが攻められているんですよ」と主張しあう戦いになりました。その攻防で白が右下隅から延びた黒の飛びに付けていったのが強手であるのと同時に危険な手で、その後黒が右辺の白に割継いだ時、白が右辺を継いだのが打ち過ぎで、付けた石に黒から跳ね出され白も下辺からの石に眼が無く、攻め合い含みになりました。しかし黒は白の上方の石を取りかけに行きました。これは正しく打てば白の数子は取られていて、同時に白の下辺からの石が死ぬので、終わっていました。しかし、ここで黒の痛恨の読み抜けが出て、白の数子が黒2子を取って大いばりで脱出してしまいました。黒はそれでも何とか気を取り直し下辺の白との攻め合いに行きました。この攻め合いは劫になり、黒が劫に勝って白の15子くらいを取り、代償で白は黒地だった左下隅を取りました。この結果は白が優勢で盤面でもいいという形勢になりました。黒はヨセで逆転を狙いましたが、上辺と左辺の攻防ではお互い荒らし合いになりましたが、結果は白が得したようです。結局白の7目半勝ちでした。今期のNHK杯戦はこれで女流棋士3人が2回戦に進み、男性棋士に遜色のない実力を見せつけました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.