宇宙家族ロビンソンの”The Sky is Falling”

宇宙家族ロビンソンの”The Sky is Falling”を観ました。ロビンソン一家の星に人間とほとんど同じ外見のエイリアンが転送装置を使ってやってきます。ドクター・スミスが例によってエイリアンを敵対的だと決めつけ、銃を使ってしまったために、ロビンソン一家とエイリアンの関係が危機的になります。一方でウィルはエイリアンの少年と仲良くなりますが、その少年は惑星の大気が体に合わず具合が悪くなります。ウィルは洞窟の中でその少年を看病します。どちらの側も子供が戻らないので、お互いが相手が連れ去ったと誤解し、撃ち合いになりそうになります。しかし、ウィルが病んだ少年をエイリアンのキャンプまで連れてきて誤解が解け、エイリアン達は去っていく、という話です。
ところで、英語のタイトルの”Lost in Space”ですが、最初は”Space Family Robinson”で邦題通りの「宇宙家族ロビンソン」だったようです。しかし、”The Swiss Family Robinson”という話(日本で「不思議な島のフローネ」でアニメ放送された作品)があり、実は家族設定などがこのドラマの下敷きになっています。”Space Family Robinson”ではそのドラマのタイトルとの違いが分かりにくいということで、”Lost in Space”になったとのことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.