パプリックコメントという名前の情報操作

韓国をキャッチオール規制のホワイト国から外すことへのパブリックコメントについて。
(下に結果についての報告へのリンク有り。)

これ、色んな点で嘘くさいですので、皆様騙されないように。

(1)この手のパブリックコメントは、通常数通、多くてもせいぜい20通もくれば珍しい方。それが4万通以上も来ているということは、要するに本件の直接の利害関係者ではない素人、おそらくネトウヨと嫌韓老人が大挙して来ただけ。おそらくキャッチオール規制が何なのかも知らないと思う。
(2)パプリックコメントは、その政策に対し異議や質問、意見を述べるためのものであり、賛成か反対かを投票するものではない。
(3)他のパプリックコメントを見ると、既に終わっていても結果は公表されていないのが大半。なのに何で今回のだけわざわざ告知文まで作ってこんな短期間で結果が公表されているのか。
(4)どういう人がコメントを寄せたのかの情報はまったくなく、統計としてほとんど意味がない。にも関わらず国民の大多数が賛成しているという証拠のように使われている。母集団が分からないのに95%超が賛成しているというのは情報操作以外の何物でもない。(写真はコメント用のフォームで、ご覧のように住所と名前とメアドだけで投票でき、統計用のデータにはまったくなりません。)

大体においてインターネット上のアンケートは信用しない方がいいですが、これはその典型。

https://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000191010

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.