スタートレックのファーストシーズンの”Mudd’s Women”

スタートレックのファーストシーズンの”Mudd’s Women”を観ました。エンタープライズ号が宇宙を漂流する小型の輸送船を発見し、通信を試みるけど返事が無く、その内その輸送船は隕石帯に突入し、カークは輸送船を守るためシールドビームを使いますが、しかしそれはワープエンジンのリチウム回路を焼き切ってしまいます。輸送船から転送したのは、Muddという密輸商で前歴がありました。その他に3人の女性が転送されましたが、それは3人とも非常な美女で、エンタープライズ号の男性クルーは、スポック以外全員骨抜き状態になってしまいます。修理に必要なリチウム結晶は、距離にして2日ぐらいのライジェルIIIにあることが分り、エンタープライズ号はそこに向かいます。しかしMuddは先回りしてライジェルIIIの金を持っている鉱夫に3人の美女を売りつけ、エンタープライズ号と交渉させ、自分は助かろうとします。この3人の美女が誕生した原因は、実はビーナスドラッグという飲むと美人になる薬のせいでした。しかし、イブは元の美しくない女性に戻っていたのを、渡されたビーナスドラッグを飲んで、また美女に戻ります。しかし、それはカークがすり替えたプラセボで、イブの思い込みで奇跡が起こって本当の美人になったという、何だかちょっとの話でした。このMuddは後でまた登場するようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.