下村悦夫の「悲願千人斬」(下)

下村悦夫の「悲願千人斬」(下)を読了。土岐家の忘れ形見の太郎頼秀を秘かに隠し育てている白雲上人とその腹違いの弟土佐青九郎は、甥である稲葉伊代守に頼秀を託そうとしますが、一抹の不安を感じて頼秀ではなく、青九郎の息子で頼秀によく似た多門光治を身代わりに伊予守の元に送ります。光治はそこでしばらく匿われて侍女の深雪と深い仲になりますが、それを嫉妬した男の奸計により、光治は敢え無く命を落とします。本物の頼秀は無事だった訳ですが、その頼秀の存在もやがて敵方につきとめられ、敵方より秘かに派遣された美女の間者の手により頼秀も敢え無く毒殺されてしまいます。で、そこからがタイトル通りで、仏門に帰依した高僧であった筈の白雲上人と、青九郎が斎藤家の侍を次から次に斬り殺して、最終的に千人を殺すことを目標とする、という陰惨な話になります。白井喬二は「悲願千人斬」という題名を「古今絶無」と評したそうです。実はこの作品はジョンストン・マッカレーの「双生児の復讐」を下敷きにした作品だということです。下村悦夫という作家は、「大衆文芸」という言葉が生まれる前の「新講談」の時代にデビューし、結局一生その引け目が抜けず、また手を抜いた仕事が目立ってしまったようです。(朝日新聞に連載された下村の「愛憎乱麻」という作品は、読者からの抗議が殺到し、2年の筈の連載が1年で打ち切られたそうです。)
この作品は面白くないとは言いませんが、私の好みではないです。こういう作品を読むと、白井喬二作品の健全さ、明るさがよりいっそう引き立つように思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.