スター・トレックの第3シーズンの”That Which Survives”

スター・トレックの第3シーズンの”That Which Survives”を観ました。エンタープライズ号は今まで連邦に知られていなかった不思議な星を発見します。その星は誕生してからまだ数千年しか経っていないのに、地球と同じような大気がありました。カークとスールー、マッコイと地質学者のダーマトがその星に転送されます。その直後に激しい地震が発生すると同時に、エンタープライズ号も強い衝撃を受けます。それが治るとエンタープライズ号のモニターから惑星が消えていました。何と一瞬の内にエンタープライズ号は990.7光年もの距離を飛ばされていました。カーク達は水と食料を求めて惑星上を探査しますが、ダーマトの前にミステリアスな女性が現われ、ダーマトに触れるとダーマトは死んでしまいました。カークはダーマトを葬るためにフェイザーで地表に穴を開けようとしますが出来ず、この惑星が人工のものであることに気がつきます。その後スールーも同じように女性に襲われますが、すぐに助けを呼んだので、肩を少し怪我しただけで済みました。この時にミステリアスな女性は特定の個人しか殺せないことが判明します。一方飛ばされたエンタープライズ号は、最大速で元居た場所に戻ろうとします。しかしやはりミステリアスな女性がエンジンルームに現われ、スコッティの部下のワトキンスを殺します。その直後、エンタープライズ号は急加速を始め、ワープ14を超えてしまいます。スコッティは反物質エンジンの中に入ってミステリアスな女性が何かエンジンに工作したのを何とか無効にしようと頑張り、エンジンが爆発する数秒前で何とか成功します。一方カーク達は、惑星内部への入り口を見つけ中に入ります。そしてミステリアスな女性が今度は3人現われ、カーク、マッコイ、スールーを殺そうとします。その時スポック達が転送でやって来て、コンピューターを破壊し、3人の女性は消えます。この惑星はカトランズというエイリアンの前線基地でしたが、何かの疫病で全滅してしまいます。しかし全員が死ぬ前に最後の司令官であったロシーラのイメージを使った防衛システムが作られ、一行を襲ったミステリアスな女性の姿はロシーラでした。今回は、エンタープライズ号の反物質エンジンの中が見られました。それからスコッティが必死にエンジンを修理したのに、スポックが何の感謝の言葉も述べない、というスポックの指揮の問題点が描写されていました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.