NHK杯戦囲碁 高尾紳路9段 対 許家元十段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が高尾紳路9段、白番が許家元十段の対戦です。右上隅で白がダイレクトに三々に入り、白の実利、黒の厚みのワカレになりました。その後、黒が右辺を開かず、左下隅にかかったため、白はすかさず割り打ちました。その後、白は下辺も割り打ち、それに対して黒は下辺を一間に詰めた後、左辺から左下隅を脅かしました。白は左辺の黒を切って、2子にして捨て、中央での利きを増やして下辺からの石のシノギに役立てようとしました。黒は左辺で儲けたので、下辺は渡りの手を打ち、下辺左右の石をつなげて行きました。右下隅で白が覗きを打ったのに、黒は固く継ぎました。これだと最低劫が残りそうでしたが、実際に白が動き出した時、黒は右辺上方の白の2線に置いて行きました。白の押さえに出切って行って、2子の捨て石にして締め付けました。これによって右下隅の白の手が取り敢えず無くなりました。ただこの辺り、AIは白の優勢としていました。右辺上方の白がはっきり活きたため、今度は右辺上方の黒の壁が攻められることになりました。ここで白は右辺と下辺を連絡させようとし、黒は割いて行って戦いになりました。この戦いの結果、白は中央で黒の種石を取りましたが、代償で下辺からの白4子が取り込まれ、下辺から右下隅にかけて大きな黒地が出来ました。こうなると白は右辺からの黒の大石を取ってしまわないと勝てなくなりましたが、黒は中央を更に捨て石にし、また左辺も一部捨ててこの大石をシノギました。白は最後の抵抗で右下隅からの石と右辺上方の白を連絡させようとしましたが、黒に最善の手を打たれ、最後左上隅でも損をして投了となりました。これで高尾9段は許十段にNHK杯戦で3連勝です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.