NHK杯戦囲碁 富士田明彦7段 対 余正麒8段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が富士田明彦7段、白番が余正麒8段の対戦です。布石は比較的淡々と進みました。局面が動き出したのは白が右上隅に上辺からかかった石を放置していたのを動き出してからです。白が攻め返して上辺の黒が中央に一間トビしているのにボウシしたのがやや打ち過ぎで、黒が右辺の白とこのボウシした白を切り離して打ちやすくなりました。しかし白は後にこの中央の白を動き出し、中央での戦いになりました。黒が中央から左辺にケイマして中央の白を攻めたのに白がすかさず切断を決行したのが、機敏でした。黒は上辺を諦め中央の白への攻めに賭けました。しかしこの白はなかなか攻めきれず、黒は更に右上隅から中に延びる白の一団を攻め、右上隅でこの一団を二つに切断しようとしましたが、先に当てを打つべきだったのを打たずに切断に行ったのが間違いで、白は連絡し、なおかつ上辺の黒を取り込むという大戦果を挙げました。こうなると中央の黒の大石の眼が無く、かつ左辺と左下隅も怪しいという黒が一方的に攻められる展開になりました。左辺と左下隅は白が無理に取りに行かなかったので両方活きましたが、中央の黒が2つに分断されて両方に眼が無く、黒の投了となりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.