スター・トレックの第3シーズンの”All Our Yesterdays”

スター・トレックの第3シーズンの”All Our Yesterdays”を観ました。第3シーズンもあと少しです。最近ずっとレベルの低い話が続いていましたが、これはなかなか面白かったです。エンタープライズ号が超新星となる寸前の太陽の近くの惑星を調査し、まだそこに残っている人がいるかどうかを確認しています。カークとスポックとマッコイは転送してその星に降り立ちますが、そこは図書館でエイトスという老人がライブラリーを管理していました。他の全ての住人は既に避難を完了していました。そこのライブラリーはすべて何かの動画ディスクになっていて、そのディスク自体がスクリーンとなっていてその時代の様子を見ることが出来ました。カークは地球での中世のような時代を見ていて女性が捕まりそうになって悲鳴を上げているのを助けようと、その声の方に走っていったらその時代に転送されました。カークを助けようとマッコイとスポックが後を追いますが、彼らは別の時代のディスクを見ていたため、その時代、つまり氷河期に飛ばされます。カークの方は女性を助けますが、他の時代にいるマッコイやスポックと声で会話したため、魔法使いということで捕まり牢に入れられます。一方マッコイとスポックは寒さで凍死寸前に毛皮を着た女性が現れ、暖かな洞窟に連れて行かれます。スポックはその女性、ザラベスから、彼女が独裁者に一族を殺されそうになって反乱して、ここに流刑にされているという話を聞きます。ザラベスは一度転送マシンで別の時代に送られると、肉体の細胞がその時代に合うように作り替えられてしまうので、元の時代に戻ると死ぬ、といいスポックはそれを信じます。カークの方はやはり転送装置で未来から来た人間を見つけ、その人間から転送の場所を聴き取り、なんとか元の図書館に戻ります。またスポックについては、ザラベスと恋に落ち、またボーンズに対してはもう元の時代に戻ることは出来ないと言います。ボーンズはスポックがいつものスポックでは無いことに気がつきます。この時代はヴァルカン星では5,000年前にあたり、その時代のヴァルカン人は野蛮であり、スポックもそうなっていました。ボーンズは、ザラベスが自分達を帰したくないので嘘を言っていると言います。ボーンズは転送された場所に戻って元の時代に戻ろうとします。カークもようやく二人が見ていたディスクを見つけ、二人に呼びかけます。スポックはザラベスと別れることに躊躇っていましたが、結局二人で元の場所に戻ります。ギリギリの時間で3人はエンタープライズ号に戻り、全速力で超新星の爆発から逃げることが出来ました。ここの所、カークの恋愛の話ばかりでしたが、久しぶりにスポックが恋に落ちる話でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.