久し振りに包丁研ぎ

剃刀研ぎで久し振りに砥石を出して来たので、3連休で果物剥きの包丁以外の本格的包丁3本も研ぎました。左から相出刃、刺身、薄刃包丁です。薄刃包丁は刃が欠けていたため、一度# 180の荒砥で刃をつぶして、それからまた刃を付けたのでかなり大変でした。相出刃と刺身はそんなに切れ味は落ちていないのですが、それでも砥石3本使って研いだので疲れました。相出刃は合わせですが、刺身と薄刃は本焼きです。出刃で本焼きは刃が欠けやすいので、合わせの方が使いやすいです。使った砥石は荒砥を除くと、キングハイパーの1000と2000、それから天然砥石の巣板です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください