アウター・リミッツの”The Man Who Was Never Born”

アウター・リミッツの”The Man Who Was Never Born”を観ました。これは6番目のエピソードですが、これまでので一番良かった「SF悲恋もの」でした。
ある宇宙飛行士が宇宙を航行中に、時空を超えるトンネルのようなものの中にロケットごと吸い込まれます。地球に帰還してみると、そこはまったく違った荒涼とした風景になっていました。そこには顔が腫れて怪物のようになった人類がわずかに棲息していました。飛行士は1963年から2148年の未来に移動していました。その怪物のような人、アンドロの説明によると、ベルトラム・カボット・ジュニアという生物学者が、宇宙のウィルスを操作して新種のウィルスを作り出し、それが人々の生殖能力を奪い、また姿を醜く変えて、風景すらも荒涼としたものに変えてしまったと言います。最後の人類として死ぬのを待つだけ、と言ったアンドロに対し、宇宙飛行士は元の時代に戻って、そういう未来が起きないように変えるべきだと言い、アンドロを連れて再度元の時代に戻ろうとします。首尾良く元の時空トンネルみたいなものに入れましたが、宇宙飛行士は何かの理由で消えてしまいます。アンドロは一人で昔の地球に来ました。そこでカボットを殺害しようと計画します。しかし、時代は早すぎ、まだカボットは生れていませんでした。そのため、将来カボットの母親となるノエルがジュニアの父であるカボット・シニア-と結婚するのを阻止しようとします。「卒業」ばりに結婚式に乱入したアンドロは、カボット・シニアを銃で撃とうとして失敗し、それまで催眠術で本当の姿をごまかしていたのが、多くの人に正体を見られてしまいます。しかしノエルは何故かそんなアンドロを愛してしまい、結婚式を抜けてアンドロを追います。ノエルはアンドロに彼の世界に連れて行ってと頼みます。追っ手を振り切って二人はロケットで未来にもどろうとしますが、ノエルがカボット・シニアと結婚しなかったことによって未来が変わってしまい、その結果アンドロ自体が生れてこないことになります。(これがタイトルの意味で、カボット・ジュニアとアンドロの両方をかけていて秀逸です。)結局宇宙船の中でアンドロは消滅してしまい、残されたノエルが泣き叫ぶ所で終わりになります。通常未来の地球が滅んでいるとしたら、核戦争が通常パターンですが、新ウィルスによって人類が滅亡しかけるという設定が珍しいですが、COVID-19を経験したばかりの私達にはなかなか笑えない話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください